第10部手術-第1節手術料-第9款腹部(空腸、回腸、盲腸、虫垂、結腸)-K721-2内視鏡的大腸ポリープ切除術

1 長径2センチメートル未満
5,000点

2 長径2センチメートル以上
7,000点


(1) 切除した大腸ポリープの数にかかわらず所定点数のみにより算定する。

(2) 短期間又は同一入院期間中において、回数にかかわらず、第1回目の実施日に1回に限り算定する。

(3) 「1」は、ポリープの長径が2cm未満の場合に算定する。

(4) 「2」は、ポリープの長径が2cm以上の場合に算定する。

(5) 内視鏡的大腸ポリープ切除術と同時に施行した内視鏡的止血術の手技料は所定点数に含まれ、別に算定できない。

1 件のコメント:

IJI さんのコメント...

(問) 入院にて内視鏡的大腸ポリープ切除術を行った後、以下の状況において、K722小腸結腸内視鏡的止血術は算定可能か。
① 切除後帰室したところ出血があった。
② 切除後翌日に診察したところ下血があった。
③ 切除後経過良好にて退院後の最初の外来で下血があった。

(答) ①算定不可
②算定可
③算定可